浦川酒造

南島原浦川酒造合資会社

南島原浦川酒造合資会社

南島原浦川酒造合資会社

人々の為にこの地で作った米をどうにかできないものか
酒造りを始めたのは江戸時代の文化の時代の頃。
有家町の中でも古い歴史を誇り、由緒ある酒蔵として
一貫した酒造りに励んでいます。

良い酒には良い水、良い米と言う信念の元
使用するのは、雲仙山脈の清純な伏流水と島原半島の米
更に、酵母は長崎県産と風土に根付きその恵みを活かした
良質の逸品を造り続けています。

昔ながらのこだわりを守りつつ伝統の技で酒を造る姿勢は
創業当初から変わりません。
日本酒の飲み手にとって一度は呑みたいと思わせる
酒造りを目指しています。

江戸時代創業の浦川酒造の伝統は令和の時代になっても手作りにこだわる酒造りの手法は今でも守り続けられています。

10代目杜氏「長池 孜」
今でもすべてにこだわり
一鶴ファンの五感を満足させる酒づくりを追及。

一度は呑んでみたくなる酒づくりへの信念は
創業者の思いや信念を曲げすに今も手法にこだわり

新しい物への方向転換や大量生産には一切変えず
お客様の期待におこたえいたします。

掛け軸

お料理

灯り 

お料理

お料理

お料理

赤い飾り

お料理 

大ツボ

大ツボ

魯山人珠玉の名品

良質の酒造好適米を高精白に磨き上げ生み出した 本醸造の神髄ともいえる逸品。
日本酒本来の素晴らしさを追求。

器

掛け軸

器